フリーツールparafla!を駆使してレゲーを作っています。時々試作を掲載。 本家サイト「スタジオ256」もよしなに http://www.h-kurashi.com/
2005/101234567891011121314151617181920212223242526272829302005/122005/101234567891011121314151617181920212223242526272829302005/122005/101234567891011121314151617181920212223242526272829302005/122005/101234567891011121314151617181920212223242526272829302005/122005/101234567891011121314151617181920212223242526272829302005/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログの趣旨は無料ツールでゲームを作ることなので
「Flash Communication Server MX」を
使った今回の企画はちょっと余談になります。

Flash Communication Server MX(以下FCS)は
ストリーミング配信やライブ中継などを簡単に実現できる
素敵なサーバを構築できますが、それだけでなく
マルチユーザで遊べるものを作っちゃうことまでできます。
チャットのようにテキスト(文字)を共有するだけでなく
最近流行のマルチユーザRPGみたいなのを作れる、ということですね。

環境を提供してくれている友人からFCSのことを聞き
「こりゃすごい」と早速マルチユーザゲームを作ることに着手。

どこかにサンプルでも落ちてないかしらと検索かけるも
断片的な情報だけなので今回はかなり我流でくみ上げました。
しかも、今回も懲りずにparaflaを使わせて頂いています。
paraflaとFCSの組み合わせはありなのかと疑問に思うところも
ありましたが、結論としてはできました。

まだ実験、検証の段階なのでしばらくはマイナーチェンジを
繰り返す必要がありそうです。

「スキタメ!」
同時に4人までオンラインで対戦可能な「溜め」ゲーです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。